21世紀の医療をサポート
・・・期待される後発医薬品(ジェネリック医薬品)・・・

医薬品には、医師から処方される「医療用医薬品」と、一般の薬局や薬店等で販売されている「一般用医薬品」があります。さらに医師から処方される「医療用医薬品」は、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)に分類されます。
新薬とは新しく開発された薬で20年から25年の特許があります。それに対しジェネリック医薬品は新薬の特許期間満了後に製造・販売される医薬品のことです。

昨今、急激に進む少子高齢化社会により、増大する国民医療費の抑制・保険財源の確保などが重要になり、医療費の個人負担増により、家計への影響が憂慮されています。

そこで、医薬品の質を維持したまま低コストでの治療を可能にする後発医薬品(ジェネリック医薬品)のさらなる普及に向けての取り組みが始まっています。

予期できない新しい病気や今まで治せなかった病気を治療する為、先発医薬品の開発はとても大切です。
一方、安価で提供され国民の財産を節約する後発医薬品も必要不可欠です。
先発医薬品と後発医薬品をバランス良く用いることがベストと言えます。

  
  後発(ジェネリック)医薬品とは・・・
     
  後発(ジェネリック)医薬品のメリット